Why Certified Employees

When you employ Linux Professional Institute (LPI) certified professionals, you employ the best Linux and open source skill set.

With more than 200,000 certification holders, Linux Professional Institute (LPI) is the world’s first and largest vendor neutral Linux and open source certification body. Delivering exams in multiple languages, with hundreds of training partners, and certified professionals in over 180 countries, LPI is also the global certification standard and career support organization for open source Professionals.

LPI’s distribution neutral certification shows Linux versatility. This means that rather than being limited to one particular vendor technology, LPI professionals are capable of working with multiple open source technologies – mirroring the environments they will experience on the actual job.

Our multi-level track verifies cert holders have the most comprehensive breadth and depth of Linux and open source knowledge. Our certifications are valid for 5-years, longer than most competitors.

LPI certification is internationally recognized, which means cert holders can be employed anywhere in the world with the same verified skill set, and knowledge.

LPI is the only certification separate from training, providing the necessary objectivity for true skills verification. It’s also the only exam and certification based on psychometrics as well as being community sourced and verified.

The IT Skills Gap is Open Source

Learn more about the growing IT skills gap and where Linux and open source software fit. Download the free IT Skills Gap whitepaper today.

Download the Whitepaper

Linux Professional Instituteの認定資格は、単にスキルを持っているというだけではなく、スキルを持っていることを証明するものです。

Linux Professional Institute (LPI) の認定は、プロフェッショナルな保険のようなものです。候補者が適切なトレーニングを受け、認証によって確認されると、ミスを犯して会社に損害を与える可能性が低くなります。また、プロジェクトの完了、システムの管理、および問題の迅速な解決において、より効率的になります。プロの専門家を雇うことができるのに、なぜ従業員を雇うのでしょうか?

サーティフィケーションマガジン2018年給与調査によると

70%以上の人が、資格を取得することで、潜在的な雇用者にとって魅力的な人材になると答えています。

米国のIT資格取得者の47.4%が、資格取得後1年目に昇給しています。

67.6%が「認定を受けたことで問題解決能力が高まった」と答えています。

50.4%が「資格取得によって学んだ、または強化された」スキルを1日に数回使用していると回答しています。

52.4%が「資格の価値と影響力が高まる」と予測しています。

64.6%の人が、認定を受けたことで職場の生産性が向上したと答えています。

採用担当者が考える、最も重要なオープンソースのスキルとは?

Hiring managers:

  • 51% クラウド技術(OpenStack、Cloud Foundryなど)
  • 21% ネットワーク技術
  • 14% セキュリティ
  • 8% コンテナ
  • 7% その他

North Bridge社とBlack Duck社による2016年の「The Future of open source」調査では、次のような結果が出ています。

65%の企業がアプリケーション開発のスピードアップのためにオープンソースを活用しています。

55%の企業が生産インフラにオープンソースを活用しています。

90%以上の企業が、オープンソースは効率性、相互運用性、革新性を向上させると回答しています。

33%の企業が、オープンソースプロジェクトに特化したフルタイムのリソースを持っています。

67%がバグフィックスや機能追加のためにオープンソースに参加しています。

59%が競争力をつけるためにオープンソースに参加しています。