Governments around the world are switching to Linux.

Hiring Linux Professional Institute (LPI) certified open source professionals for deployment and administration only makes sense.

Free open source software creates independence from proprietary software and any one vendor. Little wonder governments around the world are switching. As mentioned in The Guardian, “UK Cabinet Office minister Francis Maude plans to standardize on open formats to cut costs on office suite and break ‘oligopoly’ of IT suppliers.” Among other benefits to government, Linux future-proofs the technology stack through open protocols, interfaces, and data formats.

“中国、国が推奨するOSにUbuntu(Linux)を選択” – CNET

“イタリア国防省では、15万台のPCをLibre Officeに移行することで、オープンソースのオフィスツールをいち早く採用しています。” – Computer Weekly

“独立することが最大の目標でした。” – ペーター・ホフマン(ドイツ・ミュンヘン市、プロジェクトリーダー)

“プーチン大統領、ロシア政府をLinuxに” – Computer World

“英国政府は、Microsoft Officeからオープンソースへの切り替えを計画しています。” – The Guardian

“インド政府のBOSS(Linux)OSがWindowsに取って代わり、ハッカーを追い払う。” – International Business Times

他にも、政府や官公庁がLinuxを使っている例があります。

アメリカ国防総省

米国連邦航空局

米国国家核安全保障局

ブラジル政府

フランス国家警察

フランス農業省

フランス議会

NASA

CERN

Linux Professional Institute認定のプロフェッショナルを採用することは、最高のLinuxおよびオープンソースのスキルセットを採用することになります。

175,000人以上の認定資格者を擁するLinux Professional Institute (LPI) は、ベンダーニュートラルなLinuxおよびオープンソースの世界初かつ最大の認定団体です。複数の言語で試験を提供し、何百ものトレーニングパートナーを持ち、180カ国以上で認定されたプロフェッショナルを擁するLPIは、オープンソースプロフェッショナルの世界的な認定基準であり、キャリア支援組織でもあります。

LPIのディストリビューションニュートラル認証は、Linuxの多様性を示すものです。これは、特定のベンダーテクノロジーに限定されるのではなく、LPIのプロフェッショナルは、実際の業務で経験する環境を反映した、複数のオープンソーステクノロジーを扱うことができることを意味します。

マルチレベルトラックは、Linuxおよびオープンソースに関する最も包括的で幅広い知識を有することを証明するものです。当社の認定資格の有効期間は5年で、競合他社よりも長くなっています。

LPI認証は国際的に認知されており、認証取得者は世界中のどこでも同じ検証されたスキルセットと知識を持って雇用されることができます。

LPIは、トレーニングとは別の唯一の認定資格であり、真のスキル検証に必要な客観性を提供します。また、心理測定に基づいた唯一の試験と認定であり、コミュニティによって検証されています。

Linux Professional Instituteの認定資格は、単にスキルを持っているというだけではなく、スキルを持っていることを証明するものです。

Linux Professional Institute (LPI) の認定は、プロフェッショナルな保険のようなものです。候補者が適切なトレーニングを受け、認証によって確認されると、ミスを犯して会社に損害を与える可能性が低くなります。また、プロジェクトの完了、システムの管理、および問題の迅速な解決において、より効率的になります。プロの専門家を雇うことができるのに、なぜ従業員を雇うのでしょうか?

サーティフィケーションマガジン2018年給与調査によると

70%以上の人が、資格を取得することで、潜在的な雇用者にとって魅力的な人材になると答えています。

米国のIT資格取得者の47.4%が、資格取得後1年目に昇給しています。

67.6%が「認定を受けたことで問題解決能力が高まった」と答えています。

50.4%が「資格取得によって学んだ、または強化された」スキルを1日に数回使用していると回答しています。

52.4%が「資格の価値と影響力が高まる」と予測しています。

64.6%の人が、認定を受けたことで職場の生産性が向上したと答えています。

採用担当者が考える、最も重要なオープンソースのスキルとは?

Hiring managers:

  • 51% クラウド技術(OpenStack、Cloud Foundryなど)
  • 21% ネットワーク技術
  • 14% セキュリティ
  • 8% コンテナ
  • 7% その他

North Bridge社とBlack Duck社による2016年の「The Future of open source」調査では、次のような結果が出ています。

65%の企業がアプリケーション開発のスピードアップのためにオープンソースを活用しています。

55%の企業が生産インフラにオープンソースを活用しています。

90%以上の企業が、オープンソースは効率性、相互運用性、革新性を向上させると回答しています。

33%の企業が、オープンソースプロジェクトに特化したフルタイムのリソースを持っています。

67%がバグフィックスや機能追加のためにオープンソースに参加しています。

59%が競争力をつけるためにオープンソースに参加しています。